札幌の、個別指導の学習塾。高校生・中学生・小学生対象。

システム

神谷塾HOME > システム > 小学生の勉強内容

小学生の勉強内容

神谷塾の中学部が高校受験を念頭に置いた指導をしているのに対して、小学部は中学進学の準備という位置づけです。中学での勉強で少なくとも苦労しないか、できれば実力を華々しく開花させられるように、足腰を鍛えておこうということです。

各教科の進め方

算数の進め方

鍛えておくべき基礎の筆頭であり、したがって神谷塾でも中心に指導するのは算数です。中学の数学の学習の土台になるのはもちろんですが、中学では理科や社会でも「割合」や「単位量あたり」に関する計算の力が重要になりますし、算数を学ぶことによって広く必要となる<論理>というものの基本中の基本が身に付くからです。

小学生に算数を指導する際に気を付けていることの1つは「急ぎすぎないこと」。算数の好きな子であれば新しい内容も意欲的にやろうとしますが、それに付け込んで追い立てるようにはしません。小学生のうちというのはおそらく「年齢相応」の学習メニューというものがあり、それを頭でわかっただけでなく、身体に染みつくほど徹底的に練習すべきだと思うのです。たとえば小2であれば「繰り下がりのある引き算」や「九九」、小3は「割り算」や「2桁を掛ける掛け算」、小4は「2桁で割る割り算」や「小数」、小5は「分数」や「単位量あたり」「割合」「平均」、小6は「分数の計算」や「比例・反比例」などなど(あくまで例です)。これらはその学年(年齢)でうんざりするほどやって始めて、一生使える知識になるのでしょう。私(塾長)が小学生だった高度経済成長期、小学生はそれはそれは膨大な量の算数のドリルをやっていました。私も当時はうんざりしながらやっていたはずですが、それが数や量の感覚を身体で憶えることにつながったと思っています。今の小学生は学校で出される課題もわずかなもので、自分でする気にならなくてはトレーニングができません。それをやってもらっています。

算数のもうひとつのポイントは「前学年の復習」です。4年生には4年生の、5年生には5年生の算数を指導するのはもちろんですが、それと同時進行で、ほぼ同じくらいの時間と労力をかけて前の学年までの算数もやっています。算数が苦手で本格的な復習が必要な子にはもちろん、算数が得意だという子にも(その子には発展的な教材を用意して)必ずやってもらいます。小学校での、範囲の狭いテストが終わると学んだはずの内容をきれいに忘れてしまったり、しばらく練習しないでいるうちに「腕が落ちて」いることも多いですし、その学年の算数をしているときには発展的な内容に踏み込めなかった部分も多いはずなのです。そんなわけで、神谷塾のほぼすべての小学生は算数のワークを2学年分持って勉強しています。

なお、抜群の頭脳の持ち主で理解も吸収も早く、意欲に任せてどんどん先取りをさせたほうがいい、という子であればそのようにしますが、あくまで自分にとって快適なスピードでやってもらいます。追い立てるようにはさせません。

漢字(国語)の進め方

算数の次は漢字です。「国語」と言わずに「漢字」と限定しているのは、週に2回くらいの通塾で算数にかなりの時間を割く都合上、国語全般の指導は平常はなかなかできにくいからです。一方、漢字に限定してもそれに付随する日本語の重要な要素は身に付きますし、国語辞典・漢和辞典を引くことを憶えます。また文字の汚い子には妥協せずに書き直しをさせるので仕事も丁寧になります。中学生を指導している経験から言いますと、漢字だけでも得意で文字が綺麗であれば、5教科を教える苦労も教わる苦労?もぐっと小さくなるのです。

なお、中学生の講習会をする春・夏・冬の長期休暇中は--小学生は講習会をせず、平常のままですが--気分を変えて、講習会用の薄い教材をやります。その中の「国語」の教材には、初めて読むであろう素材を使った文章問題(いわゆる「国語」の問題)が用意されていますので、読解や記述の指導も多少はできています。それが夏なら夏だけではしばしば終わらないので、意外にオールシーズンやっていたりもするのです。

理科・社会の進め方

理科と社会は小5から。小5・小6の理科・社会には、中学ではやらない内容もなくはないですが、おおむね中学で学ぶ理科・社会の基礎になっています。それを全く白紙の状態にしておくかきっちりやってあるかで、中学に進学してからの出来が全く違ってきます。

特に苦手になってしまうと深刻なのは社会のほうで、簡単な例を挙げれば都道府県名と県庁所在地名。小学4年で全部憶えることになっているはずですが、それをその時期に憶え損なうか、遅くとも小学校卒業までに憶えておかないと、中学ではまず日本地理で困ったことになり、さらに歴史でも苦労する。たとえば平城京が奈良で平安京が京都だということは知っていても、奈良と京都の位置関係がわからなければ地図上でその位置を指摘できません。鎌倉幕府が今の何県にあったかと問われてキョトンとする中3生(受験生)だって珍しくない(これ本当です)。都道府県名については不思議なことに、中学入学時点で憶えていない子はかなりの率で最後まで(高校受験まで)完全には憶えられないようです。

結局は本人の意欲の問題であるように思いますが、小学校でやっておきさえすれば済むことを放っておくと、5教科すべてが忙しくなる中学の勉強で当人が想像及ばない苦労をすることになるのです。そんなことにならないよう、学校の後追いではありますが、きっちり勉強してもらっています。

勉強や受験に関することなら、どんなことでも結構です。

メールでのお問い合わせはこちら(24時間受付)

お気軽にご相談ください。

札幌西区の学習塾塾長 神谷のブログ

お気軽にお問い合わせください

アクセスマップ

詳細地図はこちら

携帯からのアクセス

QRコード

携帯からのアクセスはこちらのQRコードを読み取ってください

Copyright © 神谷塾 All Rights Reserved.