2月16日~2月28日 | 札幌西区個別指導学習塾神谷塾、高校生・中学生・小学生対象|札幌西区の個別指導学習塾なら神谷塾、高校生・中学生・小学生

2月16日~2月28日

明日(3月3日)は北海道公立高校の入試です。受験する皆さんの幸運をお祈りします。倍率が1倍を超えていれば競争になるので、全員の努力が報われるわけではありませんが、皆さんが全力を尽くせますように。
昨年国語の標準問題の難化が話題になりました。今年は理科・社会も難化していそうな予感がします。国数英の裁量問題があのレベルだとすると、理科・社会とのバランスが悪すぎる(実質的に理社に重きを置いた“傾斜配点”になっている)からです。これは半分は私の願望なんですが。一方で、そんなに毎年毎年受験生をびっくりさせるようなことにはなっていないだろうとも思いますね。
某日 久しぶりに塾システムの改定をする。
 まず中学部に「理社コース」と、それに伴って「数英コース」を新設。数学や英語はご両親のどちらかまたは一方が見るか、または数英だけの塾に行っていたりするが、それだとどうしても理社が手薄になるので、理社だけ教えてくれるところはないか?というご家庭が少なからずあるらしい。高校入試のことがあるので、当方としても預かるなら5教科で行きたいところだが、理社については(数英もだが)どこにもひけをとらない自負はあり、理社で神谷塾を選んでいただくのも有り難いことではある。それに、せっかくSee-beで理科講座や地歴講座をやっているので、お客が増えてくれるのは結構なことなのだ。一方、何かで忙しいか他の理由で本格的には通えないが、中1・中2のうちは数英だけでも…というご家庭もあろうと思い、数英コースも用意。
 もうひとつは、小学生の「英語基礎コース」「国語基礎コース」を閉鎖。主な理由は体力の限界を超えているので(笑)。ほかに空き時間がなくて土曜の午前に設定したが、1年やってみて相当きついのがわかった。生徒も今は6年生だけで、ちょうど進学してくれるので区切りがよい。
某日 午前中空いたので映画『ゴールデン=スランバー』を観に行く。原作・伊坂幸太郎、主演・堺雅人。映画を観に行くと画面に堺雅人をよく見かけるようになった。彼の演技は安心して観ていられるし、脇役にも現代の大物がぞろぞろ出ている。よくできた物語だが、ひとつ不満を言えば、平凡な宅配ドライバーの彼には首相を暗殺する必然性がなく、昔の仲間などを除いてはそこに疑問をもつ人物がひとりも出てこない、という点。
 警察のショットガン射手で不気味なニヤニヤ笑いのデブ(失礼)が誰だかずっと気になっていた。あとで永島敏行だとわかった。
 表題はビートルズの『アビー=ロード』に収録の曲で、日本語にすると「黄金のまどろみ」。ビートルズはよく聴いたし、今でも聴くが、この曲は迂闊にして知らずにいた。
 なお、伊坂幸太郎原作のものでは、昨年『重力ピエロ』を観た。伊坂氏が仙台在住で小説の舞台も仙台。『重力』も『ゴールデン』も仙台でロケが行われているので、仙台がだんだん馴染み深い街になっていく。私は本当は仙台で学生をし、仙台が第二の故郷になるはずだった。高3のときに東北大学に落ちて“予定”が狂ったのだった(笑)
某日 中3の高校入試直前講習の第6回=最終回。今年度もよくがんばった。あとは本番を迎えるのみということで、オマモリを渡す。小さめのプラスチック消しゴムと「キシリトール」。当塾は実用本位で、消しゴムは以前からあげていた。キシリトールは昨年から。キットカット=「きっと勝つ」みたいなのがないかなーとかねてから探していたところ、キシリトール=「きっちり通る」を週刊誌の記事で見つけたのだった。
 私立高校は“全勝”だった。公立も全員きっちり通ってくれますように。

«

お電話でのお問い合わせ

  • アイコン011-644-3669
  • アイコン 0120-506-938 ※道内にお住まいの方限定

メールでのお問い合わせ

アイコン 24時間受付中