スタッフが増えて(続) | 札幌西区個別指導学習塾神谷塾、高校生・中学生・小学生対象|札幌西区の個別指導学習塾なら神谷塾、高校生・中学生・小学生

スタッフが増えて(続)

スタッフが増えて仕事の一部を任せることができるようになって、気持ちに余裕が生まれた、という話の続きです。
気持ちに余裕が生まれると、落ち着いて仕事に集中できるほか、別の効用もあることにこのごろ気づきました。生徒に対して穏やかに接することができるのです。
こんな風に書くとこれまで穏やかでなかったみたいですが、そういうわけではありません。たぶん(笑)。


それはやってはいかん、と日ごろ言っていることを生徒がやってていると、びしばし指導することは珍しくありません。たとえば、
a)課題を見かけ上やってはあるものの、やり方がぞんざいである
 (途中式を書くのをサボっていたり、文字が乱雑であったり)
b)宿題を出してあったはずの教材そのものを持って来ていない
c)方程式の解が変なのは方程式が間違っているからなのに、自分で出した解をまた符号を変えたりしてごまかしてツジツマを合わせようとする
d)地理や歴史をやっているのに地図帳も史料も持ってきていない
e)調べればわかるはずのことで、調べて書いてもいいよと言ってあるのに、調べもせずに適当なことを書く
f)シャープペンを指でくるくる回してはたびたび落として雑音を立てる
(落とさなければやっていても構わないが、たいてい下手くそでよく落とす)
こういうのを見かけると私は生徒を叱ることになります。とはいっても、そこは愛情をこめて(笑)、それぞれこんな具合です。
a)「途中式を書いてないものは俺は見ないと言ったろ」
 「俺が読めない字は書き直さなくてはならんのだから、初めからキレイに書いたほうが早いのだよ」
b)「家でできなかった時は塾でやればいいって言ってるでしょや」(北海道弁)
c)「あっこれ反則~。自分が導き出した解には責任を持たんかい」
d)「ワークブックだけで地理や歴史がわかるようになるわけ」
e)「それは勉強しているフリをしているだけだよな」
f)「曲芸の練習は家でしろ。1000回連続で回して落とさないようになったらここでやってよし」
…文字にするとけっこうキツイですかね(笑)。でも、付き合いが長くて信頼関係ができあがっている生徒に対してのセリフですから、どうぞご心配なく。以前は無料体験に来ている子にこういうセリフを吐いてしまって失敗したことがありましたけどね(笑)。なにしろ、感情を露わにして怒鳴りつけるようなことは、1年に一度くらいしかしません(笑)。
さて、「感情を露わに」などしないとしても、ものの言いようによっては指導ではなくただの下品なセリフになりかけることがあります。私は性格が卑しい上にしつこいので(笑)、叱っていると止まらなくなってくどくどとお説教を垂れてしまう危険もあるのです。
そんな危険な日々でしたが、私以外の大人、すなわちスタッフの女性がそこにいてくれるおかげで、下品になりかける自分にセーブがはたらき、彼女たちに軽蔑されないような言動を心がけるようになるわけです。
業務が多忙を極めるようになってきたために助っ人をお願いしたことが、思いがけず私自身の人格の成長を促している、という今日このごろ。

«

お電話でのお問い合わせ

  • アイコン011-644-3669
  • アイコン 0120-506-938 ※道内にお住まいの方限定

メールでのお問い合わせ

アイコン 24時間受付中