道コン資料活用法(2) 思ったほどSSが伸びない | 札幌西区個別指導学習塾神谷塾、高校生・中学生・小学生対象|札幌西区の個別指導学習塾なら神谷塾、高校生・中学生・小学生

道コン資料活用法(2) 思ったほどSSが伸びない

これはおもに中2や中1の人向けの話です。前回の道コンに比べて得点は増えたのに,SS(偏差値)が期待したほどには伸びない…と,なんとなく納得がいかないことはありませんか。
これは私の印象ですが--道コンは,国語・数学については中2の冬まで,理科・社会・英語については中3の春まで,「手加減」があるようです。目標は北海道公立高校入試なので,おおむね中3の夏から形式も難度も一気に「入試っぽく」なるのですが,逆にそれまでは多くの生徒さんの実力チェックに役立てられるように,比較的基本的なことを中心に出題されています。
問題が易しければ平均点は高くなります。SSというのは平均(50)からどのくらい上下に隔たっているかを示す数値ですから,得点が高くてもSSが伸びないのは無理もありません。また,問題が易しくて満点近く取る人が多いほど標準偏差(得点のバラツキを示す値)が大きくなり,やはりSSは伸びない。そういうものなのです。各高校の合格可能性判定や,本番で何点取れるか?という数値もこのSSが基準になっているはずなので,やはり今ひとつという値になってしまうのでしょう。
中3になりますと,問題が本格的になって実力が得点に反映しやすくなります。たとえば今回中2で受験して270点の人はSS65.7ですが,中3で受験して270点の人はSS70.2です。中2の平均点は180点で標準偏差は57.4点,中3の平均点は161点で標準偏差は53.9点。280点以上取った人が中3では9902名中34名しかいませんが,中2では7012名中101人もいます。最高点を見ると,中2では297点でSS70.4ですが中3では298点でSS75.4。中3道コンではこのように差がつきやすいのです。ですから,中3になったらこの件は解決しますので,どうか安心して(?)いてください。
ところで,理科・社会は(全問選択だったりもして)中2までは特に易しい。どこかで解いたことがあるような問題がほとんどではないでしょうか。これは--これも私の憶測ですが--
中2までは基礎基本をしっかり身につけておいてほしい。深めるのは中3からでいいから,中2までの道コンに出していることはせめて穴がないようにしておいてほしい。逆に,中2までの道コンに出ていることを難しく感じるようなら,そこは既に弱点になっているから要注意。今すぐにでも復習すべきだ。
というメッセージがきっと込められています。間違えた箇所はよく復習しておきましょう。

«

お電話でのお問い合わせ

  • アイコン011-644-3669
  • アイコン 0120-506-938 ※道内にお住まいの方限定

メールでのお問い合わせ

アイコン 24時間受付中