洋楽のすすめ(29) THE BEATLES :A HARD DAY’S NIGHT | 札幌西区個別指導学習塾神谷塾、高校生・中学生・小学生対象|札幌西区の個別指導学習塾なら神谷塾、高校生・中学生・小学生

洋楽のすすめ(29) THE BEATLES :A HARD DAY’S NIGHT

(2019年5月27日発行の『神谷塾だより』に掲載したものに加筆しました)

演奏の模様はたとえばこちらに。

本欄でのビートルズ6曲目は1964年の作品。作詞作曲はジョン=レノンでリードヴォーカルもジョン。★を付したサビの部分だけポール=マッカートニーが歌っている。

ビートルズの忙しい日常をドキュメンタリータッチで描いた同名の映画の表題曲。表題がなかなか決まらず、よって表題曲もできていなかったが、ドラムスのリンゴ=スターが長い映画の撮影を終え “It was a hard day” と言い、夜だったことに気づいて “…’s night” と付け加えたのをジョンとポールが聞いていて、即採用。わずか2~3時間で曲を作り録音を済ませたという。

冒頭の「ジャーン!」というギターの一発は“ロック史上最も有名なコード”と呼ばれている。どうやら Fadd9 らしい(ベース音はD)。

It’s been a hard day’s night, and I’ve been working like a dog
It’s been a hard day’s night, I should be sleeping like a log
But when I get home to you
I find the things that you do will make me feel alright


もう夜なのか きつい一日だった 犬のようにずっと働いていた
本当なら丸太のように眠っているはずだよ
でも 君の待つ家に辿り着けば
君があれこれ尽くしてくれるおかげで疲れも吹き飛ぶんだ

You know I work all day to get you money to buy you things
And it’s worth it just to hear you say
you’re gonna give me everything
So why on earth should I moan
‘cause when I get you alone, you know I feel O.K.


君に好きな物を買ってやるために一日中働いて稼いでるんだけど
君が僕にすべてをくれると言うのを聞けば それも報われるというものだ
だとしたら いったいなぜ不満を抱いたりするだろう
君を一人占めしていると思うだけで 気分は最高なんだからね

When I’m home, everything seems to be right
 When I’m home, feeling you holding me tight, tight


家にいるときは すべてがうまく行っているように思える
家にいるときは 君にギュッと抱きしめられているように感じるのさ

It’s been は現在完了形、I’ve been working は現在完了進行形。現在完 了進行形は「動作」の継続を表すときに使う。ここでは「少し前に終わった動作」で、その影響がまだ明らかに残っている感じを表す。
should は「~のはずだ」と「当然の推量」を表す。
直訳すると「君がしてくれることが僕を気分良くすることがわかる」。
worth it は「それだけの価値がある」。it は前文の内容を指す。
you’re gonna~=you’re going to~。③の alright(=all right)、⑤の2行後の ‘cause(=because)ともども、略表記は試験で書かないこと。
on earth は疑問詞の直後に置いて「いったい(全体)」。
get A…で「Aを…にする」。get you alone で「君を一人にする」となるが、 これでは意味が通じないので上のようにした。
feel A ~ing で「Aが~しているのを感じる」.

«

お電話でのお問い合わせ

  • アイコン011-644-3669
  • アイコン 0120-506-938 ※道内にお住まいの方限定

メールでのお問い合わせ

アイコン 24時間受付中