北海道公立高校入試が変わる | 札幌西区個別指導学習塾神谷塾、高校生・中学生・小学生対象|札幌西区の個別指導学習塾なら神谷塾、高校生・中学生・小学生

北海道公立高校入試が変わる

【北海道新聞2019年6月22日付の記事を参考にしています。道教委が21日に発表したとのことですが,24日朝の時点で道教委のHPにはまだ掲載されていません】
入試問題がらみのことだけ確認しておきたいと思います。
①変更は2022年度入試から。現在中1の生徒が最初の受験生です。
 現在中3と中2の生徒は現行の方式の入試を受けることになります。
②国・数・英の学校裁量問題を廃止して問題を一本化。
 全受験生が基礎的な問題から高難度の問題までを解くようになります。試験時間が長くなる(後述)ことも考慮すると,現在の共通問題に裁量問題の1問を付け足す(差し替えをせずに)ような感じでしょうか。
 裁量問題もまた1種類でした。トップ校から中堅校まで同じ問題ではやはり選抜に使いにくい。トップ校に“配慮”すれば中堅校では誰も解かない(解けない)問題になり,中堅校に“配慮”すればトップ校で満点続出となるからです。いっそ一本化して問題の<難度の幅>を大きくするのは良いことだと思います。
 なお,21年度からの新しい学習指導要領が「思考力・判断力・表現力」を重視しているための変更ということですが,入試というのは本来そういうものですし,「思考力・判断力・表現力」重視はこれまでもやってきていることです。採点のことを考えるといきなり超新傾向の問題が出ることはないでしょう(そう願いたい)。
③1教科の満点を現行の60点から100点に,試験時間を従来の45分から50分に。
 問題の一本化よりもこちらのほうが影響が大きいように思います。小問の数が増えますし,配点が小刻みになって,差がつきやすくなるでしょう。問題の形式(大問の構成)も当然変わると予想されます。
道コンはどうなるでしょうか。道コン事務局で目下検討の真っ最中のはずですので,変更は発表を待つことにしましょう。当たり前のように言えることだけ書いておきます。
a) 中3と中2は現行のままです。入試がそうなんですからね。中3は今年度の第6回まで例年どおり。中2も来年度(中3)の第6回まで例年どおりです。
b) 中1は「いつ各100点満点に切り替えるか」ですが,今年の8月分では急すぎて無理です。早くても今年度の1月でしょうが,既に作問も始まっていると思うのでこれも難しいでしょう。切りよく中2の4月か,でなければ8月からではないでしょうか(いっそのこと中3の4月からでも遅くはありません)。また,試験時間が入試と同じになるのは現在も中3の4月からで,中2までは各教科5分短い40分でやっています。現在の中2が受験を終えるまでは満点も時間もいじらず,現在の中1が中3になった4月から気分も新たに「各100点満点・50分」(中2・中1は「各100点満点・45分」)でいいように思います。

«

お電話でのお問い合わせ

  • アイコン011-644-3669
  • アイコン 0120-506-938 ※道内にお住まいの方限定

メールでのお問い合わせ

アイコン 24時間受付中