札幌市西区の、個別指導の学習塾。高校生・中学生・小学生対象。

ご挨拶

勉強のしかたがわからない、って子どもが言うのですが--

多くのご父母様からいただくご質問の筆頭がこれです。最近、私はこう答えるようにしています。
「腑に落ちるまで粘るんです」
教科書を読むのでも問題集に取り組むのでも、あるいは図鑑や歴史漫画を読むのでも、形は何でも結構。
教科によっても目的によっても違うでしょうから。ただし、1行読み進める、1問やっつける、その都度、
納得が行くまで先へ進まないことにするのです。このことを守ればその内容はその場で頭に定着するか、
忘れてもすぐ取り戻せるようになるに違いありません。

もうひとつ、
「何から何まで人から教わらない」
これも大事なことです。新しい内容であっても、いやむしろ新しい内容こそ、初めは一人でやってみる
のです。一通りのことは教科書に書いてあるのですから。読めばわかることも、そうでないこともある
でしょうが、様子がだいたいわかったら次は問題を解いてみる。手を動かしながら例題を読み、類題を
解き、正解を確かめる。間違い続けるようであれば大丈夫だったところまで戻る。数学などはこの形が、
実は最も“効率”がいいはずなのです。そして、自力で解決できないところを教わればいい。もともと、
一度は自分で考えてみた後でなければ、教わっても頭に残りません。

さらに--
「できるだけ自力で正解に辿り着く」
この点を強調しておきたいと思います。“せっかく間違えた”のに、自分ですぐに正解を見てしまっては
もったいないですよね。そこに成長のチャンスがあるのですから。また、自力で正解に辿り着いたとき
には、その問題が狙う要点がきっと定着しているはず。

当塾の個別指導は、教師が一人か二人で生徒全員を見るスタイルです。小学生から高校生までが一つの
部屋で過ごし、多くの時間、黙々と問題を解いたり調べ物をしたりしています。小中学生は、課題を解
いては提出して教師のチェックを受け、間違いを直してまた提出。最初はノーヒントで返し、その子に
とって難度が高そうなら少しずつヒントを出す。これを繰り返して1ページずつ完成させていきます。
外見上は「問題を解いているだけ」なのですが、生徒は自分の決めたメニューで仕事をしていますから、
「やらされている」感はなし。彼らの脳は活発に活動しているはずです。ひと言で言うなら--
「塾というよりはジム」
受験や進学に備えて学力を高めながら、勉強のしかたやコツを身につけてほしい。その習慣は一生の宝と
なるに違いありません。

ご興味を持たれましたら、お気軽にお問い合わせください。または足をお運びください。小さな教室
一つですが、生徒たちの勉強ぶりをご覧になっていただければ幸いです。

塾長 神谷英樹

お知らせ

■携帯・スマホからメールをくださる方は、神谷塾のPCからのメールを受信できるように
 設定なさっておいてください。
(docomoの携帯などではPCからのメールを受信しない設定になっていることがあります)
■9月23日現在、中学部・小学部の空き状況は次のとおりです。
  中2…若干名受付中です。
  中1…若干名受付中です。
  小4~小6…若干名受付中です。
 なお、「定員」または「定員見込み」*でも空席待ちをしていただくことができます。
 *「定員見込み」は「無料体験中の方が全員入塾されれば定員」という意味です。
■中学3年生の方(高校受験をする方)の受付は終了いたしました。
 中高一貫校に通う3年生の方は高校部に在籍していただくことになります。
■2018年9月のような停電の際は当塾で電子メールが使えなくなりますので、
 ツイッター(こちら)でお休み・再開などのお知らせをいたします。

中学部 9月・10月の予定

    9月20日(日) 中3秋期講習・第1回講義
    9月26日(土) 理科講座第14回
    9月27日(日) 中3秋期講習・第2回講義
   10月 3日(土) B対策模試(中3)
   10月 4日(日) B対策模試解説(中3)
   10月10日(土) 理科講座第15回
   10月11日(日) 中3秋期講習・第3回講義
   10月17日(土) 理科講座第16回
   10月18日(日) 中3秋期講習・第4回講義
   10月24日(土) 第3回道コン(中3)
   10月25日(日) 第3回道コン解説(中3)
   10月31日(土) C対策模試(中3)

神谷塾の特徴

  • 小学生の学習から大学受験まで
    塾長が小・中・高と一貫して指導にあたります。現在勉強している内容が上の学校でどう展開するかということも視野に入れ、できることは先取りをしつつ、上手に導いていきたいと考えながら教えています。
  • 静かで快適な勉強空間
    ときどき講師が教える声がするほかは、シンと静まりかえっています。小学生から高校生まで、みな黙々と自分の課題に取り組んでいます。勉強せずにはいられない雰囲気。ほどよい緊張感。集中できます。
  • 定額フリータイム個別学習
    納得がいくまで勉強することが大切。教室は月曜~土曜の夜10時まで開いています。高校部と中学部・小学部のSコースでは曜日・時間の制限はありません。中学部ABC・小学部ABコースの人も、指定の曜日・時間以外の時間を自由に利用できます。部活や習い事などと調整して、たくさん通ってください。
  • 「全部見る」方式に自信あり
    小学生から高校生まで、生徒が提出したものに塾長や学生スタッフが細部まで目を通し、理解不足や誤解を一つひとつ解決していきます。誤字や日本語の不備の修正を含め、それはもう、しつこいくらいに丁寧。テスト前の復習にも便利なように、マル・バツの色づかいなども工夫しています。
  • 1コマ150分の個別学習
    (中学部A・B・Cコース)
    ①まず自力で解く ②講師がマルつけ ③講師とやりとりしながら間違いを直す、という流れでワークを1ページずつ完成させていきます。私語一切なしの落ち着いた環境で、もちろん携帯・スマホもオフにして勉強に集中。毎週月曜~土曜に2~4コマ。できるだけ毎回5教科を勉強します。
  • 力のある子をきちんと育てる
    (中学部Sコース)
    高校入試まで中学範囲に閉じた勉強をしていてはもったいない。難関大学への進学を考えるなら、それを視野に入れた勉強をすべきです。中学の勉強は完璧にこなしながら、高校入学前までに高校数学I+Aをひととおり勉強しましょう。数学の貯金があれば高校でも上位にいられます。
  • 中高一貫校の人も
    個別指導ですので公立中学とカリキュラムや教科書が異なっても大丈夫。教科を数・英・理などに限定することもできますし、教材も適切かつ柔軟にご用意します。高校数学が始まる3年生のころから高校部に移っていただくことも多いです。
高校生・中学生・小学生の方とご父母様。こんなことでお困りではありませんか?
高校生
「入学してまだ間もないのにもう分からないことが山積している。こんなはずではなかった」
「課題が難しい上に量も多くて消化しきれない。学校帰りにいつでも寄って質問できる場がほしい」
「国公立大二次の数学や英語の論述対策をしたい。だれかに添削や解説をしてもらいたいのだけれど…」
中学生
「塾に通っているが、決まった日に決まった時間を過ごしてくるだけ。勉強している手応えをもっと感じたい」
「塾では数学も英語も他教科も週に1コマ。だから学習内容がなかなか定着しなくて、テストでも成果が上がらない」
「塾では今の学年のことしかしてくれない。前の学年の復習をしたいのだけれど…」
小学生
「学校で算数や国語の宿題が出ない。単元テストでは満点を取ってくるが家では全然勉強しない。このままで大丈夫?」
「塾に通っているが、先へ先へと進むばかりで復習をしてくれない。足腰が不安定なのでは…」
「成績がいいので中学受験を勧められた。本人も興味を示している。受験させるべきだろうか?」
社会人
「資格を取るために予備校に通っているが、中学・高校の内容を忘れてしまっていて成果が上がらない。いまさら訊けないようなことを含めて、他人の目や耳のないところで手当てをしてもらえないか」
「子どもに教えてやろうとすると、学校で習ったのと違うと言われる。どこがいけないのだろうか」
お力になれると思います。メールでもお電話でも、お気軽にご相談ください。

入塾までの流れ(中学生・小学生の方)

1. お電話またはメールでお問い合わせください。塾長は通常週7日出勤していますので、おおむねその日のうちに対応できます。
2. ご本人には2回まで無料体験をしていただきます。中学生なら数学と英語、小学生なら算数と漢字をプリントで勉強してもらい、学力や勉強の様子を見せていただきます。中学生・小学生とも塾長が担当します。
3. ご希望があれば、ご父母様ともお話をさせていただきます。お電話でも可能ですが、一度教室をご覧いただくのをお勧めしています。ご本人の勉強のことや進路などについて、詳しいお話を伺います。
4. 無料体験が済みましたら、ご家庭でご相談の上、お返事をください。
5. ご入塾の運びとなりましたら、ご父母様に改めてご足労いただき、入塾の手続きをしていただきます。その際、在籍コースや通塾回数についてご相談します。
6. 神谷塾での勉強を始めます。5.の入塾手続きに先行して始めることもできます。がんばりましょう。

入塾までの流れ(高校生の方)

1. お電話またはメールでお問い合わせください。塾長は通常週7日出勤していますので、おおむねその日のうちに対応できます。
2. 自学自習または受験対策をご希望の方は、平日に2回まで無料体験をしていただきます。学校の課題など持って勉強に来てください。勉強中に質問事項が発生したら、塾長が対応します。
3. ご希望があれば、ご父母様ともお話をさせていただきます。お電話でも可能ですが、一度教室をご覧いただくのをお勧めしています。ご本人の勉強のことや進路などについて、詳しいお話を伺います。
4. 無料体験が済みましたら、ご家庭でご相談の上、お返事をください。
5. ご入塾の運びとなりましたら、入塾申込書にご記入の上、提出してください。手続きはこれだけです。
6. 神谷塾での勉強を始めます。5.の入塾手続きに先行して始めることもできます。がんばりましょう。

中学部 理科講座の日程(9月・10月分)

9月19日(土) 第13回 【中2化学】化学変化の法則(1) 【中3物理】仕事
9月26日(土) 第14回 【中2化学】化学変化の法則(2) 【中3物理】力学的エネルギー
10月10日(土) 第15回 【中2地学】空気中の水蒸気 【中3地学】太陽・月・地球(1)
10月17日(土) 第16回 【中2地学】雲・霧の発生 【中3地学】太陽・月・地球(2)

勉強や受験に関することなら、どんなことでも結構です。

メールでのお問い合わせはこちら(24時間受付)

お気軽にご相談ください。

最新情報

  • 2020.9.12
    ブログを更新
    小6の皆さんへ【再掲】
  • 2020.9.11
    中学部・小学部システム改定
  • 2020.6.9
    ブログを更新
    洋楽のすすめ(35)
    :Woman
  • 2020.5.11
    ブログを更新
    洋楽のすすめ(34)
    :Smile
  • 2020.4.22
    ブログを更新
    山本太郎
    『感染症と文明』

塾長 神谷のブログ

塾長 神谷のツイッター

▲神谷塾のツイッター


お気軽にお問い合わせください

勉強や受験に関することなら、どんなことでも結構です。

アクセスマップ

詳細地図はこちら

携帯からのアクセス

QRコード

携帯からのアクセスはこちらのQRコードを読み取ってください

 

■リンク

北海道学力コンクール事務局

▲北海道学力コンクール事務局

Copyright © 神谷塾 All Rights Reserved.